1. >
  2. 電子書籍について

電子書籍について

電子書籍のいいところとしては紙ではないのでたくさんいろんなところに持ち運べる。というところに便利な点が含まれていると思います。特に通勤中の電車やバスで読めるというのはさまリーマンにとってもいいことだと思いますが昨今のスマホやタブレットの状況を見てみると全部が全部いいようには思いません。僕自身、本を読むときは電子書籍でいいかなと思っていたのですが以前充電が切れたり、読んでいる途中で人とぶつかったりしてしまいました。一概に良いとは思いません。

電子書籍はメリットしかないと思う

個人的な電子書籍のメリット

1.ペーパーレス

書籍を買った後の保管に困らない。個人的には買った本は売らずに持っておきたいので非常に良い。また引越し時に廃棄も必要なくとても助かった。

2.スマホで読める

移動中にスマホで読めるのはメリット。便利であると同時に荷物がかさばらないし、急に読みたくなったときにも対応できる。

3.価格

セール時には非常にお得感がある。

4.すぐ読める

欲しい本がある場合、書店まで行く手間が省けるし、ネットで購入する場合も1日以上掛かることを思えば、電子書籍の有利性は高いと思う。

寄る年波には勝てない…が、悪あがきも必要

銀行等の待ち時間などに荷物にならず手軽に読めるので、私自身がコミック、文庫を購入して利用しています。

ですが、紙に慣れているからか新しいことについていけないからか物足りなさを、感じております。

やっぱりページをめくって読むイコール読書なのでしょう。味気ない気分を常に感じております。

とはいえ、手軽さも大切です。購入も簡単に出来ますし今話題の本の情報も簡単に仕入れることが出来ます。

昔読んだ本を改めて空いた時間に読めるのは、本当にうれしいものです。新たに発見することなどあれば感動しますからありがたいことです。


このページのトップへ