電子書籍であることの利点

場所をとらないので保管がしやすいのが利点だと思います。何冊も携帯の中に保存できるので持ち運び◎な上に端末ひとつでかなりの冊数が読めるので本好きはたまらないと思います。初めて買う時はやはりカードでの支払いという点に少し不安を覚えたりもしましたが、特に何事もなく便利に利用しております。ただ、ひとつ私自身が感じたことですが、マンガであれば電子書籍でも充分ですが、小説になると端末で読むからか紙と違って目がチカチカしてきてしまうので、そこが難点かなあと感じました。紙も電子書籍も双方にいい面があるということを実感しています。

電子書籍と紙の本。

読書が趣味な私ですが、最初は電子書籍に対してすごく嫌だなという偏見がありました。

やっぱり本は紙の本じゃないと!と思っていました。

でも、実際に電子書籍を使ってみると、とても使いやすくて便利だなと思いました。

自分の本棚を電子書籍で作ることもできますし、紙の本に比べて持ち運びには電子書籍はとても便利だと思います。

紙の本は持ち運ぶには重くて荷物になってしまったりしますが、電子書籍ならスマートフォンやタブレットでいいですし、何冊もの本を持ち歩くことができるのが魅力的だな…と思います。

お試し読みもできたりするので、電子書籍でちょっと読んでみて気に入ったら紙の本を買うのもいいのではないでしょうか。

紙の本も大切にしていきつつ、電子書籍を上手く取り入れていくのもいいのでは、と思いました。

電子書籍に対する所感

電子版のコミック、書籍の両方を購入したことがあります。

両者についてそれぞれ感想を述べます。

ちなみに、iPad mini 4 で閲覧した感想です。

まず、コミックについては、ページの読み込みなどでストレスを感じることなく読めました。

コミック系は巻数が多くなりやすく、電子版だと収納場所に困らず重宝しています。

たまに、文字などが見ずらいですが拡大できるので問題ないです。

次に、書籍についてです。

こちらもコミック同様に収納スペースの節約に貢献しています。

ロードなども問題ないですが、ページのレイアウトが独特で少し読み辛さを感じました。

文字の大きさ変更や見開き表示もできるのですが、実際の書籍と比べると、どうしても違和感があります。

これは、両方に対して言えるのですが、今自分がどれぐらい読み進めたのかが直感的に本の厚みでわからないのが読書のモチベーションを下げます。

便利でお得な電子書籍

いつでもどこでも、24時間本を購入できるので、電子書籍を利用しています。

サイトによっては割引があったり、話数限定で無料で読めるものもあり、気になる作家の作品については電子書籍で購入したほうがお得です。

気を付けなければいけないのは、電子書籍のサイトによってはアプリ内で読めるものと読めないものがある点です。

また、配信が終了してしまうと購入ができなくなったり再ダウンロードができなくなるので、注意が必要です。

dマガジン知らないと損する利用方法とは?|雑誌読み放題アプリ徹底比較ガイドDM78
(⇒http://xn--d-zeuqb7j6d.com/)

dマガジンの利用方法はこちらでチェック!
申込方法や料金など詳しい情報が掲載されています。


このページのトップへ